総合

すっきり輝く - 東大寺「お身ぬぐい」

ゴンドラに乗るなどして大仏のほこりを払う参加者=7日午前、奈良市雑司町の東大寺 拡大

 奈良市雑司町の東大寺大仏殿で7日、本尊の盧舎那仏(るしゃなぶつ=大仏)に積もった1年間のほこりを払う恒例行事「お身ぬぐい」が行われた。

 大仏の魂を抜く法要が営まれた後、二月堂の湯屋で身を清めた僧侶や信者ら約180人が白装束で参加。天井からつり下げたゴンドラも使い、高さ約15メートルの大仏の頭の上から膝元までほこりを払った。

 以前は別当(住職)の任期中に1回行う程度だったが、昭和39年からは毎年実施。参拝者は大仏の上に人が乗る珍しい光景を写真に収めていた。

 夏休みで奈良市の祖母と訪れた東京都の小学5年生、荒木実結さん(11)は「お掃除してもらって、大仏さまが喜んでいるように見える」と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ボートレーサーの魅力伝えるカレンダー

プレゼント写真
提供元:ボートレース振興会
当選者数:20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介