総合

アウトドア客に対応 - 手軽に長い宿泊 移住者増も視野/上北山の村営ホテル再開へ

営業再開に向けて動き出した「ふれあいの郷かみきた」=上北山村河合 拡大

 平成27年から休業している上北山村の村営ホテル「ふれあいの郷かみきた」(同村河合)がリニュアールに向けて動き出した。温泉旅館としての趣向が強かった施設を改修し、サイクリストや大台ケ原を訪れる登山客が手軽に泊まれる施設に転換する。令和2年5~6月中の営業再開を目標にしており、村地域振興課は「村の自然を求める人に長く滞在してもらい、移住者増につなげる雇用の場もつくり出したい」と意気込む。

 ホテルは鉄筋コンクリート造り4階建て(地下1階)で、村が平成6年に開業。17年に民間委託したが、国道169号の土砂崩れによる通行止めで客足が遠のいたことなどもあり、23年に営業を停止した。26年に再び民間委託で再開したが、契約期間の満了を待たずに業者が撤退、1年足らずで休館に追い込まれた。料理にこだわった1泊2食付き1万5000円~2万円程度のプランを用意していた…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「交流の軌跡」の招待券

重要文化財「レパント戦闘図・世界地図屏風(右隻)」江戸時代 17世紀 香雪美術館(通期展示) 
提供元:中之島香雪美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介