社会

胸に刻む 平和への思い - 人々の心支えた安堵の極楽寺「広島大仏」 戦没者の冥福祈る

広島大仏に世界平和を祈願した平和記念式典=6日、安堵町東安堵の極楽寺 拡大

 原爆投下後の広島で人々の心の支えとなった「広島大仏」を安置する安堵町東安堵の極楽寺(田中全義住職)で6日、平和祈念式典が営まれた。約40人が参列し、戦没者の冥福と世界平和を祈った。

 広島大仏は戦後、戦没者供養や平和祈願のため、広島市の原爆ドーム近くの寺に迎えられ、人々の信仰を集めた。その後、一時所在が不明となっていたが、平成23年に同寺に安置される仏像が広島大仏であることが判明し、毎年8月6日に同式典を行っている。式典は広島に原爆が投下された午前8時15分に合わせて参列者が1分間の黙とうを捧げ、田中住職の読経で参列者が焼香した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介