総合

堀井氏、手堅く先行 - 浮上狙う西田氏 浸透図る田中氏/2019参院選・序盤の情勢

 奈良新聞社は、共同通信社が4、5日に実施した世論調査と本社支局などの取材を元に、第25回参院選県選挙区(改選数1)の序盤情勢を分析した。自民党現職で参院同党副幹事長の堀井巌氏(53)=公明党推薦=が手堅い組織戦で優位を保ち、無所属新人で連合奈良会長の西田一美氏(58)=立民、国民、社民党推薦=が浮上をうかがう。幸福実現党新人で同党県本部統括支部長の田中孝子氏(64)がこれを追う。

 堀井氏は自民衆院議員らの組織票にも助けられ、幅広い世代から支持を得て安定した戦い。政党支持別では自民の6割近く、公明党では8割を固め、他候補に比べて日本維新の会の支持層にも浸透している。10日には河野太郎外務大臣も来援。今後も閣僚級の来援を予定する。

 参院選県選挙区で初の女性議員を目指す西田氏は、全国初の連合の女性会長。共産党が県選挙区での立候補を取りやめ、野党統一候補が実現した。奈良市民連合の支援も受ける。7日には神津里季生連合会長も駆けつけた。年代別では働き盛りの40代の支持が厚く、男女別では男性からの支持が女性を上回っている。

 馬淵澄夫衆院議員(無所属)が後押しするが、奈良市で堀井氏に水をあけられており、自民の支持層が厚い県中南部でも苦戦。政党別では国民の約4割、共産の5割超をまとめた。維新にも浸透し始め、無党派層では堀井氏を抑えている。

 しかし、野党統一候補として立民の支持をまとめ切れておらず、一部が堀井候補に流れるなど、旧民主勢力の結集が終盤に向けた課題となりそうだ。

 田中氏は自民や維新など保守票のほか、立民の支持層を取り込んでいる。

 ただ、まだ約4割が態度を明確にしておらず、情勢は流動的。選挙ムードが依然盛り上がりを欠く中、各陣営とも1票の積み上げに懸命だ。

 比例代表の投票先は、県内では自民が27・7%で最も高く、次いで維新が14・1%と春の統一地方選に続いて好調。公明5・9%、立民4・2%、N国党3・0%、共産1・7%、オリーブの木1・6%、国民0・6%などの順。年代別では自民は20代が突出して多く、維新は30代の支持が目立つ。

 選挙への関心については、「関心がある」「関心がない」でほぼ二分。年代別では若い世代に選挙への関心が低い傾向が見られ、50代以上に関心の高まりが見て取れる。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

創立30周年記念コンサートの招待券

プレゼント写真
提供元:木津川市音楽芸術協会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介