考古学

国内最古級か 奈良時代以前の小型 - 飛鳥寺旧境内から風鐸 塔最上部の相輪に使用?/奈文研紀要に掲載

飛鳥寺旧境内から出土した風鐸=橿原市木之本町の奈良文化財研究所都城発掘調査部(飛鳥・藤原地区) 拡大

 日本初の本格的寺院、明日香村飛鳥の飛鳥寺の旧境内で、堂塔などの建物につるす金銅製の鈴「風鐸(ふうたく)」が見つかった。奈良時代以前のものとみられ、同寺で使われていた可能性があるという。寺に伴うものとすれば飛鳥寺初の出土で、風鐸としては国内最古級になる。「奈良文化財研究所紀要2019」に成果が掲載された。

 寺の中心伽藍(がらん)からは北に離れた、県道(飛鳥坐神社西参道)の電線共同溝埋設工事に伴う立ち会い調査で、近世の整地土から出土した。

 下半部は欠損していて、残存長8・4センチ。本来は推定約20センチ。内部には風受けの風招(ふうしょう)をつるすための「吊手(つりて)」が付けられていた。

 風鐸の形状や吊手の造り方などから、奈良時代以前のものと考えられるという。

 風鐸としては小型の部類で、奈良時代の例をみると、大型が建物の軒先に付けられるのに対し、小型は塔の最上部の相輪につるされるという。

 日本書紀によると、崇峻天皇元(588)年、飛鳥寺造営のために百済から技術者が派遣された。その中には、相輪など金属製部分の工人とみられる「鑢盤(ろばん)博士」の名があり、同寺の塔にも相輪があったと考えられる。ただ塔をはじめ三つの金堂、講堂などの建物の構造は明らかになっていない。

 奈良文化財研究所の片岡健太郎アソシエイトフェローは「遺物の時期から見ても飛鳥寺に伴う可能性がある。塔との関連など今後研究していきたい」と話す。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • お仕事探しフェス2019 in 高田
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

青柳晋ピアノリサイタルの招待券

青柳晋
提供元:テーネ・ザール
当選者数:4人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介