総合

「法隆寺金堂壁画模写」初の一般公開 - 10月の大英博物館仏像展

法隆寺金堂壁画(第9号壁)模写=大英博物館所蔵(c) Trustees of the British Museum 拡大

 奈良の仏像海外展示推進協議会(会長・荒井正吾知事)は10日、奈良市三条本町のホテル日航奈良で第3回会合を開催。10月3日から11月24日まで大英博物館(ロンドン)で開く仏像展示の表題を「奈良―日本の信仰と美のはじまり」と発表した。

 県からは仏像など15件19点、同博物館のコレクション8件の計23件27点が出展される。

 大英博物館からは、初の一般公開となる法隆寺金堂壁画模写(明治時代)が出展される。昭和24年の火災で焼損する前の壁画を知る貴重な資料。県内からは同寺の国宝、観音菩薩立像(夢違観音、飛鳥時代)などが出展される。

 同展は東京五輪、パラリンピックを来年に控え、奈良の魅力を発信する取り組みの一環。1月23日からギメ東洋美術館(パリ)で開かれた「古都奈良の祈り」展に続く海外展示で、仏像や神道美術の持つ美しさや精神性を伝える。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介