社会

斑鳩の豊かな歴史紹介 - 大方家文書など53点/斑鳩文化財センター

「大方家文書」など地域の豊かな歴史資料を紹介する春季企画展=斑鳩町法隆寺西1丁目の斑鳩文化財センター 拡大

 斑鳩町法隆寺西1丁目の斑鳩文化財センターで、春季企画展「斑鳩町の地域歴史展(1)―五百井(いおい)地区の大方(おおがた)家の歴史資料を中心に」が開かれている。江戸時代に五百井村の庄屋を務めていた大方家に伝わる古文書「大方家文書」や斑鳩大塚古墳出土の埴輪など53点を展示。地域の歴史を紹介している。6月30日まで。

 大方家文書は、江戸時代の庄屋関係資料や、親戚関係にあった旗本の高木家とのやりとりを記した文書、絵図類、書物類などの文書群で約1万点を数える。これまでも部分的に調査されてきたが、平成28年度から文化庁の国庫補助金による全体調査が進められていて、今回は中間的な成果発表の意味合いがある。中世とみられる史料約100点もあるが、詳細は分かっていない。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「交流の軌跡」の招待券

重要文化財「レパント戦闘図・世界地図屏風(右隻)」江戸時代 17世紀 香雪美術館(通期展示) 
提供元:中之島香雪美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介