社会

イチゴの風味楽しむ - 「古都華ビール」開発/三郷「のどか村」

信貴山のどか村が開発したイチゴの古都華ビール=23日、県庁 拡大

 三郷町の農業公園「信貴山のどか村」(奥田哲生社長)が、県特産の古都華(ことか)というイチゴの果汁を入れて風味をつけた「古都華ビール」を開発し、販売を始めた。ビールの苦味の中に、イチゴの甘い香りと酸味を味わえる。

 公園内で栽培されたイチゴを使用し、新たな付加価値を生み出す取り組み。同社が考案し、大阪府高槻市の壽酒造が製造した。23日、県庁内でビールがお披露目された。

 「イチゴビール」は330ミリリットル。イチゴの果汁が約3%入っている。

1000本限定で、同村などで1本720円で販売されている。 

 奥田社長は「イチゴの香りがあり飲みやすい。県内産の果物や野菜を多くの人に知ってもらいたい」と話す。同社は今後、イチゴのスパークリングワインの開発にも取り組む。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

書籍「料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと」

プレゼント写真
提供元:自然食通信社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報