社会

避難所運営を考える - 模擬体験ゲーム「HUG」/佐保短大生70人が挑戦

話し合いながら避難所運営ゲームをする学生=23日、奈良市鹿野園町の奈良佐保短期大学 拡大

 「『避難所運営ゲームHUG(ハグ)』―〃いざ!という時のために〃奈良佐保短大生が動く」が23日、奈良市鹿野園町の奈良佐保短期大学(馬越かよ子学長)で行われ、生活未来科1、2年生約70人が災害時の運営を模擬体験して防災意識を高めた。

 同ゲームは避難所運営をみんなで考えるための一つのアプローチとして、静岡県が開発。年齢や性別、国籍が異なる避難者それぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館などに見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるかなどを模擬体験できるようになっている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

石内都「布の来歴-ひろしまから」 の招待券

入江泰吉「がくあじさい」1981年頃
提供元:入江泰吉記念奈良市写真美術館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報