社会

人と馬の共生考える - 「心の健康」で活躍期待 ホースセラピー講演/天理大で調教師・角居さん

「人と馬の共生」と題して講演する角居さん=13日、天理市杣之内町の天理大学杣之内キャンパス本館会議室 拡大

 天理大学(天理市杣之内町)馬術部がホースセラピーを始め、スタートアップ講演会が13日、同大学であり、大学アドバイザーでJRA(日本中央競馬会)調教師兼ホースコミュニティ代表理事の角居勝彦さんが「人と馬との共生~現在から未来へ~」をテーマに話した。学生や市民ら約90人が参加。ホースセラピーについての知識を深めた。

 ホースセラピーは、馬の持つ潜在能力を活用し、人間の身体や精神の改善を図ることを目的に考案された療法。乗馬や馬の手入れ、飼育、厩舎(きゅうしゃ)の管理、馬の観察といった実践活動を通して障害者や高齢者らの精神、運動機能や社会性などの改善を進める。サラブレッドの第2の活躍の場としても注目を集めている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

知られざる?!大和文華館コレクション

土偶立像 縄文時代
提供元:大和文華館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報