総合

端正に 初夏の装い - 法華寺庭園でカキツバタ見頃

庭園を紫色の花で彩るカキツバタ=奈良市法華寺町の法華寺 拡大

 奈良時代に光明皇后が開いた奈良市法華寺町の法華寺で、境内の名勝・法華寺庭園のカキツバタが見頃を迎えた。

 カキツバタは古典園芸植物の一つ。江戸時代前期に多くの品種が成立した。法華寺庭園はその頃に造られ、前庭、内庭、主庭で構成される。京都の仙洞御所から石や庭の木、カキツバタが移されたと伝えられる。

 カキツバタは今月に入って開花。同寺によると、ピークは過ぎたものの、今週いっぱいは見頃という。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

文楽のサマーレイトショーの招待券

第3部サマーレイトショーで上演される「国言詢音頭」の一場面
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介