社会

施設入居高齢者 収入と生きがいを - 就労事業で介護費用軽減/奈良の事業者 合同会社を設立

あをに工房の就労トライアルでハーブの袋詰め作業を行う入居者ら=奈良市宝来のリールデイサービス宝来(あをに工房提供) 拡大

 介護費用の負担軽減を目指そうと奈良市の介護・保育事業リールステージ(中山実男社長)は、要介護高齢者らが就労事業を行うための合同会社「あをに工房」(中山久雄代表社員)をこのほど設立。超高齢化社会による介護の課題解決に取り組んでいる。

 リールステージの介護施設に入居する高齢者に対し、同工房が外部事業者から請け負った作業を生産委託し、その仕事を通して得られた報酬で、入居者自身の介護費用の一部を補う。全国的にも珍しいシステムという。概ね要支援1~要介護2程度までは就労可能な高齢者と考え、それぞれの介護度合や特技などを考慮して、作業を委託する。現時点では、袋詰め、パッチワークなどを予定している。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

写真絵本「みそしるをつくる」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報