経済

バギーで三塔巡り - 「わくわく」の移動へ/斑鳩産業

新たな移動手段として導入したバギー=斑鳩町法隆寺東1の「奈良斑鳩ツーリズム Waikaru」 拡大

 まちづくり事業などを手がける「斑鳩産業」(斑鳩町、井上雅仁社長)は、同町法隆寺東1丁目に観光案内所「奈良斑鳩ツーリズム Waikaru(わいかる)」を開設した。世界遺産の法隆寺など町内の観光スポットを巡るミニカー「バギー」の貸し出しや、各種の体験プログラムを実施。斑鳩観光の魅力アップを図る。

 同社は県内3事業者との共同事業体で、「おとなの修学旅行」をテーマに体験プランや二次交通の提供を盛り込んだ、地域産業資源活用事業計画を経済産業省に申請。昨年6月、認定を受けた。バギーの貸し出しは同計画の一環。同町に点在する法隆寺や法輪寺、藤ノ木古墳といった観光スポットを効率良く、わくわくしながら移動する手段として5台を導入した。

 バギーは1人乗りで、運転には普通自動車免許か国際運転免許が必要。貸し出しは2時間で、約30分の講習後、斑鳩三塔など法隆寺界わいを巡る。最高時速は約30キロ。料金はガイド付き4500円(拝観料込み)、ガイドなしは3500円となっている。

 また体験プログラムは御朱印帳づくりや、豆腐作りなど12種類あり、今後さらに増やすことを計画。5月中旬には観光案内所近くで民泊の開業も予定し、滞在型観光を目指す。

 井上社長は「大阪からのアクセスの良さを生かし、ダイレクトに斑鳩に観光に訪れる人を増やしたい。発信力を高め、地域の人と連携しながら良い経済循環を生み出していければ」と話す。

 問い合わせは同案内所、電話0745(75)8055。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

阪神タイガース公式イヤーブック

プレゼント写真
提供元:阪神コンテンツリンク
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報