社会

17段500体 - 町家の雛めぐり/高取「土佐街道」あすから

17段約500体の雛人形を飾った「天段の雛」=高取町上土佐の「街の駅城跡」 拡大

 高取町の「土佐街道」一帯に雛(ひな)人形を飾るイベント、第13回「町家の雛めぐり」(天の川実行委員会主催、NPO法人住民の力共催)が、あす3月1日から開かれる。同31日まで。

 城下町の街並みが残る沿道を中心に、町家や商店約90軒が雛人形を公開する。

 メイン会場の「街の駅城跡」には17段約500体の雛人形が並ぶ、恒例の「天段の雛」を設置。「観覚寺なかよし広場」をはじめ4カ所には、住民の手で制作されたジャンボ雛が置かれ、来訪者を迎える。

 今年は、重要文化財の礼堂内に特設雛段「大雛曼荼羅(まんだら)」を設ける壷阪寺(同町壷阪)と一体開催。同実行委員会は「昨年以上にグレードアップしているので見に来ていただければ」と話す。

 問い合わせは観光案内所「夢創舘」、電話0744(52)1150。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

絵本「ころべばいいのに」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報