考古学

前方後円墳と判明 - 墳丘裾や周濠の一部発見 6世紀中ごろ以降に築造か/三宅・アンノ山古墳

後円部で見つかった周濠と墳丘裾(調査員が指している箇所)。後方が墳丘=三宅町伴堂のアンノ山古墳 拡大

 三宅町伴堂のアンノ山古墳で、墳丘裾や周濠(ごう)の一部が見つかり、前方後円墳であることが分かった。町教育委員会が発掘調査を実施した。築造時期は6世紀中ごろ以降と考えられるという。

 アンノ山古墳は後世に墳丘が大きく削られ、高さも1~1・5メートル程度しか残っていない。周囲の周濠の痕跡とあぜの形状から、南東に前方部を向けた全長約40メートルの前方後円墳と推定されていた。

 町教委は古墳西側で3カ所、計約60平方メートルを調査。その結果、前方部と後円部の墳丘裾と周濠を確認した。周濠幅は前方部で4・2メートル以上、後円部で約5・3メートル。

 周濠の埋土からは6世紀中ごろから後半ごろまでの須恵(すえ)器の破片が出土。埴輪(はにわ)は出土しなかったことから、埴輪を伴わない古墳が現れる6世紀中ごろ以降の築造と判断した。

 三宅町一帯は朝廷の直轄地「倭屯倉(やまとのみやけ)」の想定地。アンノ山古墳を含む三宅古墳群(同町、川西町、田原本町)はその関係性が指摘されている。古墳群の形成は5世紀後半から6世紀前半と考えられてきたが、安原貴之・町教委社会教育課主事は「6世紀中ごろ以降まで下る可能性が出てきた」と今回の調査を意義付ける。

 町教委は古墳の規模を確定するため、来年度も調査する予定。

 また古墳南側の数十センチ高まった地形から、周囲を巡るとみられる溝状の遺構を検出した。この高まりの平面形から前方後円墳である可能性があるという。

 現地説明会は今月3日に開かれ、町民ら約110人が参加した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介