総合

枝ぶり見事、香る早春 - 菅原天満宮で盆梅展始まる

解説を受けながら盆梅に見入る来場者=10日、奈良市菅原東町の菅原天満宮の菅梅館 拡大

 学問の神様、菅原道真の生誕地といわれる奈良市菅原東町の菅原天満宮(中村信清宮司)で、春の訪れを告げる恒例の「盆梅展」が10日始まり、来場者が花や香りなどを楽しんでいる。3月10日まで。

 小粒で雌しべが長い珍しい姿をした「黄金梅」、1本の木に8種類の花を咲かせる「菅原八宝梅」など約130品種150鉢の盆梅を境内の屋内外に展示。氏子約30人が協力し、盆梅の説明などを担当している。

 今年は開花が例年より約2週間早く、今月20日ごろから来月上旬までが見ごろという。

 夫婦で訪れた河野源三さん(70)、信子さん(65)=奈良市=は「鉢や枝ぶり、香りがよくて本当に見事。何よりも盆梅を作った人の情熱を感じる」と満足そうだった。

 午前9時から午後4時まで。観梅料500円。中学生以下無料。問い合わせは同神社、電話0742(45)3576。

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

京都のサンドイッチ紹介する漫画エッセー

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報