経済

「特例子会社」に認定 - 県内で2例目/障害者雇用促進で南都銀行が設立

認定書を手にする(右から)西上代表、西川常務執行役員と内海敬三奈良公共職業安定所長=7日、奈良市橋本町の南都銀行本店 拡大

 南都銀行(奈良市、橋本隆史頭取)が行っていた、平成30年8月に同行が設立した障害者雇用促進目的の子会社「なんとチャレンジド」(同市、西上浩史代表)の特例子会社認定申請が、今月1日付で奈良労働局に認定された。県内での認定は2例目。7日には同市橋本町の同行本店で認定書授与式が行われた。

 特例子会社は、親会社が障害者雇用のために特別に職場環境を整え、一定の要件を満たした場合に認定されるもの。親会社の障害者雇用率に反映できる。今回の認定で同行の同雇用率は2・33%となり、民間企業が33年3月末までにクリアすべき数値を上回った。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

文楽のサマーレイトショーの招待券

第3部サマーレイトショーで上演される「国言詢音頭」の一場面
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介