総合

外壁塗装は景観配慮 - 新築中ホテルと調和/奈良市庁舎耐震化

 奈良市は28日、市役所耐震化問題で中央棟など庁舎を補強するのに伴い、建物正面の塗装などについて、大宮通りを挟んで真向かいに新築中の「JWマリオットホテル奈良」のファサード(建築物正面)と調和・融合を図り、景観に配慮する考えを示した。「周辺と一体となったまちづくり」を主張する市議会の建て替え推進派を抑える狙いもあるとみられる。庁舎問題では今月、荒井正吾知事が市内の積水工業奈良事業所跡地への移転など建て替え案を示したが、西谷忠雄副市長は「移転は着工まで5年はかかる」として検討から除外した。

 耐震化か建て替えかで議論が続く庁舎問題は、来年度予算案にも影響するだけに、28日に開かれた市議会総務委員会(山口裕司委員長)でも各議員から質問が相次いだ。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

谷川俊太郎の絵本「へいわとせんそう」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:3人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報