考古学

「飛鳥美人」など壁画公開 - 高松塚古墳19日から

19日から一般公開される高松塚古墳壁画=18日、明日香村平田の仮設修理施設 拡大

 国宝高松塚古墳壁画(7世紀末~8世紀初め)が、きょう19日から、明日香村平田の仮設修理施設で一般公開される。18日、報道陣に壁画が公開された。

 石室解体後、壁画は修理が続けられており、一般公開は24回目。「飛鳥美人」で知られる西壁の「女子群像」や「白虎」「男子群像」、東壁の「女子群像」、北壁の「玄武」が展示される。

 公開は25日まで。公開時間は午前9時から午後4時まで。見学無料。定員は各日約400人程度。前日までに電話か公開(第24回)事務局のホームページから申し込む。空きがあれば当日現地でも受け付ける。

 問い合わせは事務局、電話06(6281)3040。

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

鳥取の考古学展「白兎のクニへ」の招待券

二口かまど 高住牛輪谷遺跡 古墳時代後期
提供元:大阪府立弥生文化博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介