総合

県都は「政党対決」か - 各党、地道に足元固め/2019県内選挙展望・県議選(3)

▽奈良市・山辺郡区(下)(定数11)

 前回、民主党として手堅く2議席を獲得した国民民主党は、猪奥美里と田尻匠の現職に加え、新人森田浩行を擁立する。

 森田、猪奥は、前回総選挙の県1区で落選、捲土(けんど)重来を期す前民進党衆院議員、馬淵澄夫(無所属)がテコ入れ。連合奈良(西田一美会長)も、JR連合の組織内候補の田尻ら同党が公認する3人の推薦を決定した。それぞれ駅立ちやミニ集会、県政報告のビラ配布などを行い、浮動票の掘り起こしも図る…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

斉白石展の招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報