総合

国家安泰願う巫女の舞 - 春日大社・神楽始式

輪榊を手に、「千代まで」を舞う巫女の一臈=3日、奈良市春日野町の春日大社 拡大

 奈良市春日野町の春日大社(花山院弘匡宮司)で3日、「神楽始(かぐらはじめ)式」が営まれた。今年1年の神楽奉奏の無事と国家安泰を祈願し、「八乙女(やおとめ)」と呼ばれる巫女(みこ)8人が本殿前で社伝神楽を奉奏した。

 はじめに6人の巫女が鈴を手に、1年でこの日のみ舞われる秘曲「神おろし」を歌と銅拍子の伴奏で1人ずつ順に奉奏。続いて巫女の最上位「一臈(いちろう)」が「千代まで」を筝、笛、歌に合わせ「輪榊(わさかき)」を手に舞った。

 神楽始式が今の形式で行われるようになったのは明治時代以降だが、同大社に伝わった社伝神楽の歴史は平安時代までさかのぼるという。

 境内は外国人観光客らを含め多くの初詣客でにぎわい、1年の福を祈っていた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

斉白石展の招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報