総合

ひび割れ、5年前にも - 対策検討会 県が設置 あす現地を調査/川上の高原トンネル

 今月1日から通行止め規制が実施されている川上村迫の国道169号高原トンネル(長さ495メートル、平成8年完成)で、規制の要因となった11月の定期点検で確認された複数のひび割れが、既に平成25年の点検でも確認されていたことが分かった。県道路管理課は「5年前の点検では安全とみられていたが、ひび割れの幅が拡大し、安全性に問題ありと判断した」としている。

 同課によると、ひび割れの長さは最大で約10メートルあり、長さは25年の点検時と変わっていない。一方、幅については、今年11月の点検でうち1本が約2・5ミリから約7ミリに、もう一本も約3ミリから約5ミリに拡大していた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

絵本「ころべばいいのに」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報