総合

初冬の趣 寒ボタン - 葛城・石光寺

冬の到来を告げる寒ボタンが咲く石光寺=13日、葛城市染野

 葛城市染野の石光寺(染井義孝住職)で寒ボタンが順次、開花し、参拝者の目を楽しませている。先々代住職が栽培を始め、現在36種類約300株が植えられている。寒ボタンはデリケートな植物。「毎年花が咲くのは3分の1程度。中には4年に1度しか咲かない品種もある」と染井住職。年により開花時期も異なる。

 つぼみを付けた株から順に、風雪よけに傘状の藁(わら)づとをかぶせている。「一斉に咲き誇る春に咲くボタンのような華やかさはないが、初冬の風情を感じてもらえれば」とも。

 年内は30日まで。拝観時間は午前9時から午後4時30分。中学生以上400円、小学生200円。問い合わせは同寺、電話0745(48)2031。

特集記事

よく読まれている記事

本社屋上カメラ

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「印象派・光の系譜」展の招待券

クロード・モネ「睡蓮の池」1907年、油彩/カンヴァス、101.5 × 72.0 センチ、イスラエル博物館蔵 Gift of The Jerusalem Foundation from the Sam Spiegel Collection
Photo (C) The Israel Museum, Jerusalem
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ