経済

東証反発、終値は177円高 - 4日ぶり、買い戻し優勢

東京証券取引所=東京・日本橋兜町 拡大

 7日の東京株式市場は、このところの急な下げ相場で、値ごろ感が出た銘柄への買いが優勢となり、日経平均株価(225種)は4日ぶりに反発した。ただ、米中貿易摩擦への懸念を背景に、上げ幅が一時縮小するなど、不安定な値動きとなった。

 終値は前日比177円06銭高の2万1678円68銭。東証株価指数(TOPIX)は9.85ポイント高の1620.45。出来高は約13億7100万株。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が来年から利上げペースを鈍化させるとの観測から、投資家の不安心理はひとまず後退。平均株価が4日からの3日間で下げ幅が計1000円超となり、買い戻しが広がった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

日本語に混ぜて覚える英単語帳

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド