総合

県域水道、民営化否定 - 知事 一本化推進に意欲/県会代表質問

 県議会の11月定例会は6日、本会議を再開し、小林照代(日本共産党)、佐藤光紀(日本維新の会)、藤野良次(国民民主党)、大国正博(公明党)―の4氏が代表質問を行った。この中で、小林氏は県域水道の一本化に向けた県施策に関連して、水道事業の民営化についての質問。荒井正吾知事は「(水道事業)運営の民営化は考えていない」と明言した上で、県域水道の一本化施策をさらに進める意欲を示した。

 小林氏は、県が進める、広域化による「1県1水道体制」について再検討を要望。併せて水道業務の民間委託について県の考えをただした。荒井知事は「アウトソーシング(業務の一部を一括して他企業に請け負わせる手法)での業務の外部委託は検討している」と述べたものの、水道事業自体の民営化については否定した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪市立東洋陶磁美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド