経済

きょうオープン 県外初出店 - 柿の専門いしい 伊勢丹京都店 1日30食限定商品「柿バターもなか」も

内覧会の招待客でにぎわう「柿の専門いしい伊勢丹京都店」=4日、京都市下京区のジェイアール京都伊勢丹 拡大

 食品製造業の石井物産(五條市、石井和広社長)は、きょう5日、京都市下京区のジェイアール京都伊勢丹地下1階食品売り場に、同社直営店「柿の専門いしい伊勢丹京都店」をオープンする。同社の手掛ける専門店「柿の専門いしい」の県外出店は初。4日には内覧会があり、招待客らでにぎわった。

 「柿の専門いしい」の「柿バター」は、全国の地方新聞社でつくる通販サイト「47CLUB」で最優秀賞、内閣府後援の「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」モノ部門の最優秀賞「地方創生大賞」などを受賞。「柿をステキな果物に」「柿を科学する」をキーワードにブランド化を進め、幅広い世代に受け入れられる店づくり、商品開発を展開している。

 伊勢丹京都店では、濃厚に煮詰めたバターあんをモナカの皮にのせ、できたての風味を楽しむ同店限定商品「柿バターもなか」(900円、税別)を、1日30食限定で提供。このほか約10種類の自慢の商品を販売する。

 石井社長は「百貨店への出店なのでグレードの高い商品をそろえた。観光やビジネスでにぎわう駅に直結した関西の玄関口で、柿と県の魅力を広めたい」と意欲を示した。

 午前10時から午後8時営業。年中無休。問い合わせは同社、電話0747(34)0518(平日午前9時~午後5時)。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪市立東洋陶磁美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド