社会

「年内に成果示す」 - ごみ処理広域化 5市町の勉強会 奈良市町が方針

 奈良市議会の12月定例会は4日、本会議を再開し、八尾俊宏(自民党)、宮池明(公明党)、樋口清二郎(改革新政)、白川健太郎(共産党)、塚本勝(新風政和会)の5氏が代表質問を行った。答弁で仲川元庸市長はクリーンセンター建設計画について、ごみ処理の広域化に向けた同市など5市町による「勉強会」に触れ、「年内をめどに一定の成果を取りまとめる。議会にも示す」と答えた。

 「勉強会」では奈良市と大和郡山市、生駒市、平群町、斑鳩町の5市町での広域化に向けた検討が行われており、仲川市長は八尾氏の質問に答えて「広域化での施設建設の適地の要件としては、各市町村の収集運搬コストの面から幹線道路の状況等考慮した利便性、アクセス性が重要。県北部の地勢条件や人口重心などを勘案すると絞られてくる」と説明。その上で「市の区域内で候補地を選定することが求められる。参加市町と考え方を共有し具体的場所の選定に進む」と述べた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪市立東洋陶磁美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド