経済

G20「反保護主義」入らず - 米強硬、WTO改革推進で一致

G20のロゴ(共同) 拡大

 【ブエノスアイレス共同】アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでのG20首脳会合は1日、首脳宣言を採択し閉幕した。焦点だった「保護主義と闘う」との文言は入らず、トランプ大統領が求めた世界貿易機関(WTO)改革の推進では一致。「自国第一主義」を掲げる米国が強硬姿勢を崩さず、G20が守ってきた多国間協調体制は大きく後退した。

 アルゼンチンのマクリ大統領は閉幕後の記者会見で、自由貿易推進の象徴だった反保護主義の文言が削除された理由を「米国が受け入れなかった」と説明。米政府高官はWTO改革での一致を「画期的」と評価、「米国にとって偉大な1日だ」と述べた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪市立東洋陶磁美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド