スポーツ

福岡国際マラソン、服部が初優勝 - 日本勢14年ぶり

2時間7分27秒で初優勝した服部勇馬=平和台陸上競技場 拡大

 福岡国際マラソンは2日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、服部勇馬(トヨタ自動車)が初優勝した。日本勢の優勝は2004年大会の尾方剛(中国電力)以来。前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)は日本勢2番目の4位だった。

 今大会は来年9月の東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権が懸かった大会の一つ。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会の観戦券

昨年5月に開催された第一回国際フルコンタクト空手道選手権大会の決勝戦
提供元:全日本フルコンタクト空手道連盟
当選者数:10組20人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報