考古学

東大寺、創建の伝統残す? - 東塔回廊、南だけ複廊で再建

東大寺の東塔院跡で見つかった奈良時代の回廊跡=8日午後、奈良市 拡大

 世界遺産・東大寺(奈良市)の東塔院跡で塔を囲う回廊は、奈良時代には4面とも通路が2本の「複廊」だったが、鎌倉時代は南面のみが複廊で、他の面は通路が1本の「単廊」で再建していたことが分かり、東大寺などでつくる発掘調査団が8日、発表した。

 東塔は奈良時代に創建。1180年に平家の南都焼き打ちで焼失し、鎌倉時代に再建され、14世紀には落雷で再び焼けた。塔の正確な高さは分かっていない。

 調査団の鈴木嘉吉団長は「複廊から単廊になっても回廊の規模はほとんど変わっていない。南側は正面で法要では重要なので、奈良時代の伝統を残したのではないか」と話している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ビルベリーの黒酢飲料

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド