考古学

甲冑構成品「小札」に鹿の毛 - 元は毛皮だった? 緩衝・保温材機能と推測/「黒塚古墳の研究」で報告

黒塚古墳出土の小札に付着した鹿毛(県立橿原考古学研究所提供) 拡大

 天理市柳本町の黒塚古墳(3世紀後半)から大量に出土した、甲冑(かっちゅう)を構成する「小札(こざね)」の一部内側に、鹿の毛が付着していたことが分かった。県立橿原考古学研究所は「毛皮を張っていたのだろう」と推測している。

 同古墳からは、それまで前期古墳の中で最大量とされた椿井大塚山古墳(京都府木津川市)の527点の2倍を超える、1111点以上の小札が出土した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ビルベリーの黒酢飲料

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド