社会

四季折々の風景を - 橿原で「池田大作写真展」

テープカットを行う関係者ら=11日、橿原市小房町のかしはら万葉ホール 拡大

 創価学会の池田大作名誉会長の写真展「自然との対話 池田大作写真展」が11日、橿原市小房町のかしはら万葉ホール3階展示室で始まった。14日まで。

 「日々の彩り」「詩人は謳う」「地球は美しい」の3部構成。池田会長が国内外各地を訪問した際に、行事の合間を利用して撮影した四季折々の風景の作品約70点が並ぶ。

 会場ではオープニング式典があり、来賓や関係者ら約50人が出席。同展の松本和純実行委員長が「池田名誉会長の平和を思う心を感じてほしい」とあいさつ。県文化協会連盟の戸田守亮会長は「自然との対話や、自然への感謝の気持ちが写真に表れている」と祝辞を述べた。

 このあと高取町の植村家忠町長、明日香村の森川裕一村長、戸田会長、上山好庸日本写真協会員、松本実行委員長、博多智子副実行委員長がテープカットを行った。

 入場無料。午前10時から午後8時開場(最終日は午後5時まで)。

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

えと刺しゅう入りタオル

プレゼント写真
提供元:東玉
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド