総合

世界株安、東証終値915円安 - 一時1000円下げ

下げ幅が一時1000円を超えた日経平均株価を示すボード=11日午後、東京都中央区 拡大

 11日の東京株式市場の日経平均株価は前日の米国市場に続いて急落し、下げ幅が一時1000円を超えた。米国や中国の経済減速への懸念が強まり、アジア株も下落して世界同時株安の様相を呈した。平均株価の終値は節目の2万3000円を割り込み、約1カ月ぶりの安値を付けた。

 10日の米ダウ工業株30種平均が大幅に値下がりした流れを引き継ぎ、東京市場は朝方から全面安の展開が続いた。米中貿易摩擦の激化が警戒され、上海などアジア株が軒並み下げたことで売り注文は一段と膨らんだ。

 日経平均株価(225種)の終値は前日比915円18銭安の2万2590円86銭。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

卓上カレンダー

プレゼント写真
提供元:フィンエアー
当選者数:10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド