経済

被災農家を支援 - パイプハウス再建など/JAならけん

イチゴ農家のパイプハウス再建作業を支援するJAならけんの職員ら=明日香村内 拡大

 近畿地方を直撃した台風21号は、県内にも人的被害を含め多方面で大きな爪痕を残した。農産物でも大淀町でナシが大量に落下したり、五條市でカキの枝折れがあるなどの被害が発生。施設の被害も多発した。こうした状況を踏まえ、県農業協同組合(JAならけん)は農家の支援に動き出している。

 県農林部の調べでは、農産物の被害は農畜産物関連で1億2249万円、農業栽培施設で4674万円に上っている(6日現在)。またJA共済によれば、加入者からは建物被害に関する3千件を超える相談が寄せられているという。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

全日本空手道選手権大会の観戦招待券

プレゼント写真
提供元:全世界空手道連盟新極真会
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド