総合

山中に9人乗り防災ヘリ墜落か - 群馬・長野県境、安否不明

群馬県の防災ヘリコプター「はるな」とみられる残骸が発見された山中の現場=10日午後3時5分、群馬、長野県境(共同通信社ヘリから) 拡大

 10日午後3時ごろ、航空自衛隊のヘリコプターが、群馬、長野県境の山中で群馬県の防災ヘリ「はるな」の機体とみられる残骸を発見した。同日午前に消息を絶っていた。群馬県によると、県防災航空隊の職員2人と東邦航空の社員2人、吾妻消防隊員5人の計9人が搭乗しており、安否確認を急ぐ。

 国土交通省などによると、ヘリは11日に開通する群馬、長野、新潟の県境の稜線を結ぶ登山道「ぐんま県境稜線トレイル」を上空から確認するため飛行。10日午前9時15分ごろに前橋市内のヘリポートを離陸、約2時間後に帰ってくる予定だった。目視で地上の目標物などを確認しながら飛ぶ有視界飛行だった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

昆虫最強王図鑑

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド