総合

大英博物館のモアイ像に返還要求 - チリ領イースター島当局

ロンドンの大英博物館が所蔵するモアイ像「ホアハカナナイア」(ゲッティ=共同) 拡大

 【ロンドン共同】南太平洋に位置する世界遺産、チリ領イースター島の地元当局が、150年前に英国に運ばれて現在ロンドンの大英博物館が所蔵するモアイ像「ホアハカナナイア」の返還を求めている。9日付の英紙デーリー・テレグラフなどが伝えた。

 大英博物館は正式な返還要求を受けていないとした上で、年間600万人近い入場者がある同博物館で展示に「公共の利益」があるとして応じない構えだ。

 同博物館に対しては、ギリシャ政府がアテネのパルテノン神殿の大理石彫刻群「エルギン・マーブルズ」、エジプトが古代エジプトの「ロゼッタストーン」の返還を求めるなど同様の要求が相次いでいる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第43回定期演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:奈良フィルハーモニー管弦楽団
当選者数:3組6人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド