経済

4~6月期業況判断 2四半期連続で好転 - 県内中小企業動向

 日本政策金融公庫奈良支店が9日までに発表した県内の中小企業動向調査では、4~6月期の業況判断DI(指数=全産業)は前期(1~3月)と比べ、中小企業は19・3ポイント上昇の19・3で、2四半期連続して好転した。総括判断は「緩やかに回復している」と据え置いた。一方、小規模零細業事業者も9・9ポイント上昇のマイナス8・7で3四半期連続して改善。しかし、業種別では卸売業と小売業の低迷が目立ち、「引き続き持ち直しの動きが見られるものの、先行きに対する警戒感がみられる」と判断した。

 来期(7~9月)は中小企業が5・8ポイント、小規模零細事業者が12・1ポイントそれぞれ低下する見通し。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

昆虫最強王図鑑

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド