社会

140年ぶりに 龍神信仰の拠点再興 - 春日大社の「龍王社」

再興された龍王社の前で手を合わす参拝者=9日、奈良市春日野町の春日大社 拡大

 奈良市春日野町の春日大社(花山院弘匡宮司)で9日、水に関わる龍神信仰の拠点だった境内の末社「龍王社」が140年ぶりに再興された。

 龍王社は江戸時代まで、興福寺の僧侶の参籠所「安居屋(あんごのや)」に鎮座。しかし、明治の「神仏分離令」の影響で社殿が破却され、祭神は別の末社に合祀(し)された。

 同大社では今年の創建1250年を機に春日信仰の根幹をなす龍神信仰に触れてもらおうと、御祈祷所と水谷神社の間の安居屋跡北側に新しい社殿を造営。社殿は基壇も含めて高さ約3メートルの木造春日造で、御蓋(みかさ)山を水源とする小川から水を引き周囲に池を設けた。

 前日の8日夕に鎮座祭が営まれ、合祀されていた総宮神社から祭神をうつされた。

 龍王社の再興に合わせて9月1日から、周辺の摂社末社を巡り、お守りとご朱印を受ける「開運招福 水谷(みずや)九社めぐり」も行われる。初穂料は1回1500円。受付時間は午前9時から午後3時。

 家族3人とお参りした橿原市葛本町、市立八木中学校3年、和田桃果さん(15)は「久しぶり春日大社をお参りしたが、140年ぶりにお社が再興された日に重なってびっくり。来年、高校受験なので志望校に合格できるようお祈りした」と喜んでいた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第43回定期演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:奈良フィルハーモニー管弦楽団
当選者数:3組6人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド