総合

県内も首相優位 - 国会議員、全員支持/自民総裁選

 9月の自民党総裁選は、所属国会議員405人の約8割が安倍晋三首相を支持、同氏の連続3選が有力視される情勢だ。そんな中、県関係の国会議員6人(衆院議員4人、参院議員2人)もそろって安倍氏を支持する方向。県内の党員・党友による地方票についても、党県連は「首相支持が優勢」(荻田義雄幹事長)との見方を示しており、県内は“安倍一強”が揺るぎそうにない。

 安倍首相は、党所属国会議員のうち細田(94人)、麻生(59人)、岸田(48人)、二階(44人)の4派閥に加え、ここに来て石原派(12人)の支持も取り込み、7派閥中、5派閥(計257人)が首相支持に回ることになった。また無派閥(73人)も半数以上が首相支持で固まったという。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

昆虫最強王図鑑

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド