社会

「街全体が映画館に」 - 県文館や東大寺 奈良市内8会場で/なら国際映画祭

「なら国際映画祭」の概要を発表する河瀬監督(左)と中野同映画祭実行委理事長=奈良市上三条町の浄教寺 拡大

 NPO法人なら国際映画祭実行委員会は、9月20~24日に奈良市で開く「なら国際映画祭2018」の概要を発表した。同祭は平成22年から隔年で行われており、今年で5回目。奈良市東寺林町の市ならまちセンターを主会場に、県文化会館、東大寺金鐘ホールなど同市内8会場で、16部門に分けて映画上映を中心にトークショー、講座などを展開する。

 中野聖子実行委理事長と同祭エグゼクティブディレクターの河瀬直美監督が6日、同市上三条町の浄教寺で記者会見した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第43回定期演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:奈良フィルハーモニー管弦楽団
当選者数:3組6人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド