経済

後継ぎ不在、相談急増 - 30年度1万件突破か/中小企業

 後継ぎ不在に悩む中小企業の譲渡を仲介する全国の「事業引継ぎ支援センター」への相談件数が急増していることが、中小企業庁への取材で5日までに分かった。4~6月は前年同期比で4割増の2587件となり、平成30年度は1万件を突破する勢い。経営者の高齢化で中小企業の後継者不足は深刻となっており、地域の雇用を維持し技術を次世代に引き継ぐため、センターは支援体制を強化する。

 中小企業庁によると、25年までに70歳を超える中小企業の経営者は約245万人に上り、半数に当たる約127万人は後継者が未定だという。放置すれば廃業を迫られる企業が急増し、15~25年で約650万人の雇用が失われ、国内総生産(GDP)の損失額は約22兆円に上る可能性があると試算している。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

昆虫最強王図鑑

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド