考古学

夏の象徴「朱雀」公開 - あすから明日香で 後方に尾羽伸ばし/キトラ壁画

21日から一般公開されるキトラ古墳壁画の南壁の「朱雀」=18日、明日香村阿部山の「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」 拡大

 キトラ古墳壁画(7世紀末~8世紀初め)の南壁(朱雀)が21日から、明日香村阿部山の「キトラ古墳壁画体験館 四神の館(しじんのやかた)」で一般公開される。同施設での壁画公開は8回目。18日、報道陣に事前公開された。

 南壁には四神の一つで方角の南や季節の夏、また色の赤を象徴する「朱雀」が描かれている。大きく翼を広げ、後方に尾羽を伸ばした姿を確認することができる。

 一般公開は8月19日まで(1日と15日は閉室)。定員は各日700人程度。前日までに公開(第8回)事務局ホームページからか電話で申し込む。空きがあれば当日も受け付ける。

 問い合わせは事務局、電話06(6281)3060。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第43回定期演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:奈良フィルハーモニー管弦楽団
当選者数:3組6人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド