社会

地元の融和が焦点に - 鹿野園町 対策協と市 覚書締結へ協議/奈良市新斎苑

 奈良市の新斎苑(火葬場)整備に向け、市と計画地直近の同市鹿野園町の火葬場建設対策協議会(会長・竹中正彦自治会長)の協議が10日夜、非公開で行われ、市は建設工事に当たり、同協議会を協議相手とすること▽工事に関する課題について両者は互いに誠意を持って協議をすること―などを骨子とした「工事に関する覚書」締結について協議した。市は本格工事に向け、計画地周辺の樹木の伐採や測量、ボーリングなど「事前調査」を急ぎたい考えで、16日に地元説明会を開く。

▽平行線

 市や関係者らによると、協議には対策協のメンバー11人、市からは仲川元庸市長、向井政彦副市長ら約10人が出席した…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「食虫植物のひみつ展」開催で入園招待券

プレゼント写真
提供元:六甲高山植物園
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド