スポーツ

横綱白鵬、突然の休場 - 3連勝中も右膝痛で

横綱白鵬関 拡大

 大相撲の西横綱白鵬関(33)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が名古屋場所4日目の11日、日本相撲協会に「右膝蓋腱損傷、右脛骨結節剥離骨折の疑いで2週間の安静を要する」との診断書を提出して休場した。初日から3連勝と好調に滑り出していた。

 白鵬関の休場は3月の春場所以来で9度目。今年は4場所目で早くも3度目となった。4日目の対戦相手、千代の国関は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は横綱稀勢の里関、十両蒼国来関に続いて3人目となった。 

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「食虫植物のひみつ展」開催で入園招待券

プレゼント写真
提供元:六甲高山植物園
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド