総合

平城高保護者OB反発 - 「跡地に奈良高」巡り/県立高校再編

 県教委が策定、発表した県立高校適正化実施計画案が波紋を広げている。現在の33校を30校に削減するなどの内容だが、統廃合の対象校を示さないままパブリックコメント(意見公募)を実施したことや、事実上の閉校となる平城高校跡地に奈良高校を移転する手法に関係者らが反発。同案が提出された6月定例県会でも批判が相次ぐ。ただ7月3日に予定される本会議採決は可決の公算。県教委は「理解してもらえるよう説明責任を果たす」としている。

 ▽校名を伏せたまま意見公募

 県立高校の学校・学科の適正配置を検討する県教委の会合は昨年10月にスタート。少子化による生徒数の減少を見据え、統廃合も視野に入れた議論を重ね、今年4月に素案をまとめパブリックコメントが実施された…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「食虫植物のひみつ展」開催で入園招待券

プレゼント写真
提供元:六甲高山植物園
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド