社会

元副署長を懲戒免職 - 橿原消防署のパワハラ・物品不正購入

 橿原消防署でパワーハラスメントや物品の不正購入が行われていたとされる問題で、県広域消防組合は11日、当時の副署長だった男性職員(53)を免職とするなど、職員計6人の懲戒処分を発表した。また管理監督責任で山本洋消防長(64)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。処分は、いずれも同日付。

 発表によると、男性職員は昨年11~12月、勤務時間中に部下の20~50代署員5人の頭を、私的に所有するバリカンで散髪した。うち20代の署員1人に対してはモヒカン刈りにした。5人は関係悪化を恐れて「断れなかった」と話しているという。組合はこれら行為をパワハラと認定した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド