総合

PK戦やり直し - 奈良ク、勝利持ち越し/サッカー天皇杯

記者会見で謝罪する須原専務理事(右)と小川審判委員長=11日、午後5時、東京都文京区の日本サッカー協会 拡大

 日本サッカー協会は11日、天皇杯全日本選手権2回戦の奈良クラブ(県代表)―名古屋グランパス(J1)=6日、名古屋市・パロマ瑞穂スタジアム=で、PK戦において主審に明らかな競技規則の適用の誤りがあったとして、奈良クラブが勝ったPK戦を取り消し、1人目からやり直すと発表した。日時、場所は両クラブと協議して決める。同日、東京都内で同協会の須原清貴専務理事と小川佳実審判委員長が会見し、発表。須原専務理事は「両クラブに非はない。すべての責任は協会にある」と述べ謝罪した。

 協会の説明では、同試合は1―1で引き分けとなりPK戦にもつれこんだ。その際、奈良クラブの4人目のキッカーがキックするときの動きを主審がフェイントと判断したものの、失敗とせず、キックのやり直しを命じたのが誤りだったという。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド