社会

町中の「猫」探して - 50店で展示や雑貨 にゃらまち猫祭り/ならまち

画家の猫夢さんの作品と猫の表札を紹介する入江さん=4日、奈良市十輪院町の「香炉里」 拡大

 猫をテーマにしたアートイベント「にゃらまち猫祭り2018」(同実行委員会主催)が、奈良の旧市街地の「ならまち」周辺の50店舗が参加して行われている。7月1日まで。

 今年で14回目で、猫をテーマにしたギャラリーでの作品展示をはじめ、ファッションや雑貨、飲食、体験イベントなど、さまざまな年齢層が楽しめる多彩なメニューを用意。それぞれの店舗、会場が、来場者が思わず笑顔になってしまう工夫を凝らしている。

 奈良市十輪院町の田舎料理「うと○うと」を経営する、同実行委員会委員長の野村修司さんは「以前はならまちに野良猫が多く『にゃらまち』と言われた。猫の姿を見かけなくなったので、しゃれで5軒で始めたが、50店舗も参加してくれるようになった」と語る。

 また同委員会広報担当で、カレー喫茶「香炉里」の店主の入江祐司さんは「今年から各店舗が祭りの案内地図上の番号を書いた独自の表札を掲げ、観光客にならまちを探索してもらえるようにした」と、祭りの充実度をアピールしている。

 猫祭りの案内地図は同市内の観光案内所や、参加各店に設置。内容など問い合わせは「うと○うと」の野村さん、電話0742(23)5958。

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

昆虫最強王図鑑

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド