考古学

茶ノ木塚古墳を紹介 - 桜井で「遺跡発掘調査速報展」

円墳の可能性が高まった茶ノ木塚古墳を紹介する速報展会場=桜井市芝の市立埋蔵文化財センター 拡大

 桜井市内の遺跡の発掘調査速報展「50センチ下の桜井」が、同市芝の市立埋蔵文化財センターで開かれている。5世紀後半ごろの円墳との可能性が高まっている、同市箸中の茶ノ木塚古墳などの調査成果が紹介されている。9月30日まで。

 同古墳はホケノ山古墳(3世紀中ごろ)の北西約100メートルに位置し、不整形な高まりが残る古墳。平成28年度に続いて29年度にも調査が行われ、古墳東側の状況が不明なものの墳丘は直径約35メートル、周濠(ごう)幅約7メートルの円墳だったと推測できるようになった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

昆虫最強王図鑑

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド