社会

発達障害の子ども向け プログラム開発 - 大和郡山の同立有志会

同会の放課後等デイサービスでIシステムを活用した学習をする生徒=大和郡山市小泉町の同会 拡大

 個別指導塾・同立有志会(大和郡山市小泉町、中村尊裕代表)は、発達障害のある子ども向けの学習支援システム「Iシステム」を開発し、提供を始めた。学習でつまずいた部分をデータ解析し、次の学習内容を導き出すシステムで、中村代表は「学習塾や放課後等デイサービス、学校など幅広い場で使い、支援に役立ててもらえれば」と話している。

 文部科学省の平成24年度の調査では、公立小中学校の通常学級の児童・生徒の6・5%が発達障害の可能性があるとしている。一方、同塾は塾生の約3割が自閉症スペクトラムなど発達障害の診断を受けており、高い割合を占めている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

屋久杉の夫婦箸

プレゼント写真
提供元:恵命堂
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド